kukka ja pöllöについて

*CONCEPT

kukka ja pöllöは「未来のストーリーを作っていけるような家具」を扱い、ご紹介していきたい
と思っています。

「大切な時間を一緒に過ごしていく、長く愛用していきたい家具」として、メンテナンスができるイギリスのアンティークチェアを中心にリノベーションしています。

大切な毎日の生活をともに過ごす家具として、簡単に捨ててしまえる家具ではなく、長く一緒に年月を重ねていける愛着の持てる家具をお届けしたいと思っています。

当ホームページでご紹介のアンティークチェアはご自身にて張替えや塗り替えをしていただける家具になります。

張替えや塗り方が初めての方は、南青山にてワークショップも月一度開催していますので、是非ご参加ください。

どの家具も一点ものですが、汚れてしまったら張り替えることができたり、日焼けしてしまったら、塗り替えて使うことができます。

利用シーンに合わせて好きな生地に衣替えして、長く楽しんでいけるアンティークチェアやその他家具を販売しています。

デザインが豊かなアンティークチェアに少しの手を加え、

新しいモノづくりにも挑戦していきたいと思っています。

大量生産、大量廃棄をやめ、価値ある身近なものを皆が大切に使っていけたら、

世界はもっとクリーンで気持ちの良い空間になると思います。

すべての作業は手作業で、時間をかけてひとつひとつ丁寧に家具のリノベーションを行っています。

ご自宅はもちろん、長く営業を続けていくカフェや、お客様をおもてなしする商業施設でも使用可能な強度の張り生地を中心にセレクトしています。

*事業形態
・一般のお客様への販売
・プロジェクト対応
カフェやレストラン、小売店舗など、商業施設やイベントなどのプロジェクトごとに
ご提案させていただきます。

about

屋号:kukka ja pöllö(クッカヤポッロ)

OFFICE:東京都練馬区高野台
工房:栃木県野木町友沼5111−5
倉庫 : 茨城県結城市

設立:2016年1月

代表者:Miyuki Yokoyama 横山 美裕紀

電話番号 : 050-1557-2490

*profile

大学で建築学建築コースを専攻、建築に関する大きなプロジェクトに関わりたい思いを実現するため、卒業後大手不動産会社にて勤務。

大きな組織一丸となって大きな事業を進めていく達成感がとても好きでした。
経営企画や、業務改善にも関わり、企画することの面白さや組織での仕事の仕方について学ぶことも多い数年間を経て、新しい企画の推進を任され、100拠点への導入目標を達成とともに、退職。

一つのことをもっと深く細していく追究する仕事を経験したいと思い、
インテリア建材、家具の輸入、商業施設のインテリアプランニングを経験できる会社にて、商業施設担当のインテリアプランナーに就業しました。

北海道から沖縄まで多種多様なプロジェクトを担当させていただきました。
同社では、アジアからヨーロッパまでの海外出張も経験し、海外のメーカーの実情を知り、家具や建材ができるまでの工程に衝撃を受けました。

お客様であるホテルや結婚式場の方々に喜んでもらいたい一心で、世界のインテリアの知識を日々学びながら、日本全国様々な改装、新築プロジェクトを担当させていただきました。

同時にプロジェクトでは、輸入家具の納品に合わせ、沢山の家具の廃棄を目にしてきました。
新しくなる施設はとても綺麗になり、喜ばしい反面、捨てられていく家具に違和感を感じました。
「モノを大切に使ってリノベーションする「プロジェクト」」の経験では、とても充実感を感じました。

そんな中、新たな一歩を踏み出したいとの想いで、kukka ja pöllöを立ち上げました。

自由な発想で進化、成長しながら大切に使っていける家具を扱っていきたいと思っています。
生活の中でスタイルが変わったり、好みが変わったり。
それはとても自然な事だと思います。

リノベーションする事で生活スタイルに馴染む事を知り、あらかじめ張り替えを想定され
た構造で作られている英国のアンティークの椅子にとても魅力を感じます。

またアンティーク家具を見ていると、人の手によって大切に継承されてきたストーリーを想像し、暖かい想いになります。

丁寧な仕事をモットーに、アンティーク家具の魅力と、長く使っていける技術であるリノベーションのご紹介を中心に、活動していきたいと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。